スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac OS Xでsshdのポートを変更する 

MacOSX(Tiger限定)のSSHdポート変更方法のメモ。
(実は、うちの研究室のコンピュータはMacなのです。未だに初心者Lvだけれど…)

MacOSXにはデフォルトでsshdが入っており、[システム環境設定]→[共有]→[サービス]→[リモートログイン]にチェックを入れるだけで動かすことができます。
OpenSSHなのでほとんどLinuxやらと同じなのですが、ポート(通常22)の変え方はちょっと違うのです。
システム環境設定→共有

Linuxでは/etc/ssh/sshd_configでポートの変更はできると思います。OSXにも/private/etc/sshd_configがあるのですが、ここで変更しても適用されません。

実際ポートを変えるには、/etc/services内の

ssh              22/udp     # SSH Remote Login Protocol
ssh 22/tcp # SSH Remote Login Protocol
ssh              12345/udp     # SSH Remote Login Protocol
ssh 12345/tcp # SSH Remote Login Protocol
のように変更するとよいです。
(上記の場合はポートが12345になる)
このままでは、sshコマンドで他のコンピュータに接続するデフォルトのポートも変更されてしまうので、
/private/etc/ssh_config内の
#   Port 22
のコメントアウトを解除しておいた方がよいでしょう。
後は[システム環境設定]→[共有]→[サービス]→[ファイアーウォール]→[新規...]でポートを開ければ完了です。システム環境設定→共有→ファイアーウォール→新規

コメント

/etc/servicesいじるってことは、Macはinetd経由でSSHdとか走らせてるって事?

前バージョンのPanther(Ver.10.3)まではxinetdで走らせたみたいだけど、Tiger(Ver.10.4)からMac独自のlaunchdちゅうものでやってるらしい(知らんかった…)。
ちなみに、launchdはinitやらcronの機能まで担ってるという…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yotama.blog84.fc2.com/tb.php/5-c8828e5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。